ブログ

公開日: 2024.2.12

最終更新日: 2024.2.12

ナレッジ

トレーサビリティを支える最新技術一覧 製造業における具体例交え解説

トレーサビリティ技術への関心が高まる中、その意味や最新動向について疑問を持つ方は多いと思います。トレーサビリティ技術は、製品やサービスの流れを追跡し可視化することで、生産プロセスの透明化を実現する重要な技術です。特に製造業や物流業界におけるその重要性が増しています。

この記事では、トレーサビリティ技術の基本とトレーサビリティを支える最新技術について解説します。それではまず、トレーサビリティの基本から確認していきましょう。

Smart Craftで製造現場のDXを
始めよう!

「Smart Craft」は、これひとつで工場内のすべての業務プロセスをデジタル化できます。

3分でわかるSmartCraft
  • Smart Craft でできること
  • 導入企業の活用事例
  • ご利用料金
  • 導入の流れ

トレーサビリティ技術の基本

トレーサビリティとは、品質管理やサプライチェーンの透明性を高めるための重要な取り組みです。トレーサビリティの取り組みにより、製品がどのようなプロセスを経て作られたのか、また、どのような経路で次の製造事業者や最終消費者の手に届いたのかを明確にすることができます

トレーサビリティの仕組み・システムの基本構造など、トレーサビリティの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:
トレーサビリティとは?メリットや課題、製造・食品業界事例もわかりやすく紹介

トレーサビリティ技術の利点

トレーサビリティ技術の進化による主な利点は以下の通りです。

  • 品質管理の強化:製品の製造過程を詳細に追跡し、品質管理を徹底します。
  • リコール対応の迅速化:問題が発生した際に、迅速かつ正確に対象製品を特定し、効果的なリコール処理を実施できます。
  • 消費者信頼の向上:透明性の高い情報提供により、消費者の製品に対する信頼を高めます。

これらの進歩により、トレーサビリティ技術は製造業をはじめとする多くの業界で重要な役割を担っています。

関連記事:
トレーサビリティのメリットとデメリットとは?製造・食品事例交え簡単解説

最新のトレーサビリティ技術一覧とそれぞれの特徴・事例

トレーサビリティ技術の進歩は目覚ましく、様々な最新技術が注目されています。

以下の表に、それぞれの技術の名称・特徴・用途を整理しました。

名称特徴用途
ロットトレース製造工程で生産された一定の量(ロット)の製品を追跡することができ、品質問題が発生した際の特定ロットの特定が容易。製造業において、品質管理、リコールの際の特定バッチの追跡、在庫管理に使用。
2次元コード・QRコードQRコード※などの形式で、多量のデータを少ないスペースに格納。簡単にスキャンして情報を読み取ることが可能。製品情報の提供、在庫管理、部品の追跡、製造プロセスの管理。
ダイレクトマーキング製品に直接刻印やレーザー彫刻でマーキングし、長期間にわたって追跡情報を永続的に付与。産業機器、自動車部品、航空機部品などの耐久性が求められる製品の識別と追跡。
RFIDタグ無線周波数を使用してデータを格納し、非接触で読み取り可能。複数のアイテムを同時に追跡できる。製造ラインでの資産追跡、在庫管理、サプライチェーンの効率化。
ビジョンシステム高度な画像認識技術を利用し、製品の品質検査や識別に高い精度を提供。製造ラインでの品質検査、製品の識別、自動組立ラインの監視。
IoTデバイスインターネット接続によりリアルタイムで製品の状態や位置を追跡し、データ収集と分析を可能にする。マシンの状態モニタリング、生産効率の最適化、遠隔診断。
ブロックチェーントランザクションの記録が改ざん不可能であり、サプライチェーン全体の透明性を高める。サプライチェーンの透明性向上、偽造防止、品質保証。
OCR文字認識技術を利用して、文書やラベルから情報を読み取り、製品の追跡に利用する。文書管理、自動データ入力、パッケージの識別
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

それでは、それぞれの技術の詳細について見ていきましょう。製造業における具体的な用途・事例についても合わせてご紹介します。

ロットトレース

The flat design image has been created to illustrate 'Lot Traceability' in a manufacturing context, using a simplified and stylized approach for clarity and visual appeal.

ロットトレースとは、製造業において一定量の生産ロットごとに製品を追跡管理する仕組みです。これにより製造現場で使用した原材料や工程、日時といった詳細データを個々のロットと紐づけて記録することが可能となります。品質問題や回収事態が発生した際には、該当するロットの製品だけを特定し、迅速な対応を実現できるため、効率的な品質管理に大いに貢献します。また製品の生産履歴の透明性向上にもつながります。

主な活用場面は、品質管理、製品安全性の確保、リコール時のスピーディーな対応、在庫管理、サプライチェーン最適化など、製造業の広範囲に及びます。ロット単位での可視化を通じ、製品品質と顧客満足度を高めると同時に、製造プロセスの透明性と信頼性のある製品情報の提供を可能にします。

例えば「Smart Craft」のロットトレース機能は、トレーサビリティのデータと製造実績や品質記録が密接に紐づけることができます。この機能を用いることで、製造過程での各部品の使用状況や作業の詳細がデジタルデータとして正確に記録され、これらの情報が製造実績や品質記録と直接リンクし、製品の全生産過程を透明かつ正確に追跡できるようになります。

(製造現場DXプラットフォーム「Smart Craft」のロットトレース機能)

(製造現場DXプラットフォーム「Smart Craft」のロットトレース機能)

2次元コード

The flat design image representing the concept of '2D Codes', specifically focusing on QR codes, has been created and is available for download in PNG format.

2次元コード、特にQRコードは点と線、四角形を使って情報を2次元で格納します。1次元バーコード※と比較して圧倒的に大容量の情報を小スペースに保存でき、スマホのカメラでも容易に読み取れます。耐久性とデータ復元力に優れ、部分損傷があっても情報を正確に読み出せる強靭性が大きなメリットです。製造業では部品詳細、製造履歴、品質検査結果といったデータを保存することで、製品のトレーサビリティとプロセス管理力の向上を実現しています。

※バーコードは、縦線とスペースのパターンで情報を表す汎用的な識別技術です。一般的な1次元バーコードは製品ID、価格、在庫データ等をコード化し、簡易なスキャナーで読み取れるため、低コストかつ高速なデータ処理を実現します。印刷も容易なことから、多くの業界で標準的なトラッキング手段として定着しています。

ダイレクトマーキング

The flat design image illustrating the concept of 'Direct Marking' in manufacturing has been created, showcasing the technology and its applications across various industries.

製品に直接ロットを特定するバーコード等の識別情報を印字する技術です。ダイレクトマーキングによって現品票の貼付の手間が省けます。また、ダイレクトマーキングしたバーコードを専用のバーコードリーダーやセンサーで読み取ることで、自動的にトレース情報収集を行うことができます

活用範囲は広く、自動車/航空機部品、電子機器、産業機械等の分野で製造過程追跡、偽造防止、品質管理、保証追跡等に利用されています。リコール時に特定部品をスピーディーに識別する目的でも重宝されています。2次元コードと組み合わせることで、スペースが十分でない小型部品などにも、識別情報を効率的に付与できるようになります。

RFIDタグ

The flat design image illustrating the concept of 'RFID Tags' within a manufacturing and supply chain context has been created, highlighting the use of this technology in various applications.

RFIDタグは、無線周波数を使ってデータの読み書きを行う技術です。アクティブ型とパッシブ型があり、前者は電源を内蔵、後者はリーダーからの電波を電力源に利用します。接触不要で読み取り可能なうえ、複数アイテムの同時追跡ができるため、読み取り精度と効率に優れています。視認困難な状況下でも使用できる利点があります

製造業では、在庫管理、資産追跡、品質管理、サプライチェーンマネジメントといった用途に広くRFIDが活用されています。リアルタイムの製品追跡により、供給の可視化と透明性の確保も可能です。特に倉庫内の商品追跡や、製造ライン上の部品移動監視に効果を発揮します。

ビジョンシステム

The flat design image illustrating the concept of 'Vision Systems' in manufacturing has been created, focusing on their application in quality control and process efficiency across various industries.

ビジョンシステムは、画像処理技術を使い物体の認識・検査・計測を自動で行う装置です。カメラとコンピュータビジョンソフトの組み合わせで、複雑な画像検査を自動化します。非接触で高精度・高速な作業ができるうえ、製品の欠陥検出やサイズ測定、色分類といった用途に対応可能です。また繰り返し精度に優れ、人の目からは見落としやすい微細な差異もキャッチできるため、品質保証で大きな役割を果たします。

自動車、電子機器、食品、医薬品といった製造業の品質管理に広範囲で応用されています。具体的には外観検査、部品の正位置決め、製造ラインでの不良識別等が主用途です。パッケージのバーコード読取や印字テキストの検査にも用いられ、トレーサビリティとプロセス効率化に貢献しています。

IoTデバイス

A new flat design image focusing on the 'IoT Devices' concept within manufacturing has been created, with a layout designed to minimize left and right margins.

IoTデバイスとはネットに接続できデータの送受信が可能な機器です。センサーやアクチュエータを搭載しているため、リアルタイムで現場のデータを収集し、環境や機械の稼働状況を監視できます。効率的なデータ分析が行えるうえ、遠隔でのモニタリングや制御も実現。これにより製造業のプロセスは自動化・最適化が進み、意思決定と運用の質が向上します。

製造業では、生産ラインや機械の性能を追跡監視、プロセスの自動制御・遠隔診断等に広くIoTが活用されています。機械の状態監視、生産効率最適化、品質管理、予防保全等に効果を発揮します。サプライチェーン上でも在庫管理、資産追跡、物流最適化等で重要な役割を果たしています。

ブロックチェーン

The flat design image illustrating the concept of 'Blockchain' in the context of manufacturing and supply chain management has been created, emphasizing its impact on transparency, security, and automation.

ブロックチェーンはデジタルデータを分散型で管理する技術です。データブロックを時系列にチェーン状に連結する仕組みで、各ブロックにはタイムスタンプと前ブロックへのリンクが含まれます。最大の特徴はデータ改ざんが極めて困難な「不変性」。分散型台帳としてデータの透明性・セキュリティ・信頼性も高めます。取引追跡やデータ共有において強力なソリューションを提供します。

製造業への応用範囲は広く、サプライチェーン上の原材料から最終製品まで全工程を追跡できるため、透明性と追跡可能性が向上します。品質保証、偽造防止、リコール管理等にも威力を発揮し、製品の安全性と信頼性の確保に効果的です。スマートコントラクトにより取引条件を満たした際、自動で取引を実行することも可能です。

OCR

The flat design image illustrating the concept of 'OCR' (Optical Character Recognition) technology in the context of manufacturing has been created, highlighting its role in digitalization, quality control, and process efficiency.

OCR(光学文字認識)技術は、印刷あるいは手書きの文字を画像から読み取りデジタルデータへ変換するものです。高度な画像解析とパターン認識のアルゴリズムを駆使して、様々なフォントや字体のテキスト認識を実現しています。技術進歩に伴い読取精度が大きく向上したことで、多言語のテキスト認識も可能になっています。

文書管理、データ自動入力、パッケージ識別等、利用シーンは多岐にわたります。製造業では製品ラベルの文字を読み取って製品情報のデジタル化や品質管理、在庫管理等に活用されています。さらに請求・伝票の自動処理や文書デジタル化を通じ、業務プロセスの効率化に大きく貢献している他、様々な場面でOCRは欠かせない技術となっています。

以上、ここまでに紹介してきたこれらの技術により、トレーサビリティはより効率的かつ広範囲に実施可能となり、製造から流通に至るまでの各段階での透明性が向上します。

製造業界におけるトレーサビリティ技術の活用

製造業界では、トレーサビリティ技術が欠かせない存在となっています。この技術は、品質保証の強化、プロセスの効率化、サプライチェーンの最適化といった点で、大きなメリットをもたらします。

  • 部品と製品の追跡:ダイレクトマーキングや2次元コードを用いて、個々の部品や製品にユニークな識別情報を付与します。これにより、製造から出荷、最終消費者への流通というサプライチェーン全体を通じて、個々のアイテムの履歴を追跡可能となります。品質トラブルが発生した際にも、迅速な原因究明と対応ができるようになります。
  • プロセスの自動化と最適化:IoTデバイスとセンサーを駆使して、製造ラインの稼働状況をリアルタイムで監視します。収集したビッグデータを分析することで、生産性や設備稼働率の向上を図ったり、予防保全や最適配分を行ったりできます。
  • サプライチェーンの透明性向上:さらに、ブロックチェーン技術を組み合わせることで、サプライチェーン全体の透明性と信頼性が飛躍的に向上します。原材料調達から出荷に至る全段階のデータを加盟者間で暗号化し共有することで、製品情報の正確性を保証できます。

このようにトレーサビリティ技術は、品質保証、業務効率化、サプライチェーン最適化を実現し、製造業の更なる発展を支えています。

トレーサビリティ技術の未来

今後、トレーサビリティ技術はさらに進化し、AIや機械学習の進展によって、より精密なデータ分析と高度なトレーサビリティの実現が期待されます。これらの技術により、データの自動収集と解析が可能となり、トレーサビリティの精度と効率が大幅に向上します。さらに、サプライチェーン全体の効率化や持続可能な管理を促進するための新しいアプローチが開発されることで、企業の競争力強化と環境への貢献が期待されます。

これらの進化により、トレーサビリティ技術は業界の枠を超えて、グローバルな課題解決の鍵となるでしょう。

製造現場の情報一元管理で「ものづくりDX」を​推進しましょう

smartcraft-service-image

製造業の持続的成長には、「ものづくりDX」が不可欠です。その鍵となるのが、データの適切な共有と活用です。

単にデータを蓄積するのではなく、ビジネス課題に合わせて必要なデータを精査し、コンテクストに沿って関係者と共有することが重要です。SmartCraftはそのためのプラットフォームを提供します。

生産計画の実行〜実績収集、その後のデータ集計までを一元で管理することで現場の問題点を洗いだすことで、製造現場の可視化と業務改善が実現します。指示書・手順書・作業日報・品質記録などの現場の帳票をまとめてペーパレス化し、実績の登録もデジタル化するなど、DXを通じて製造プロセスの革新を加速します。

DX時代に即した情報管理体制を構築することで、トレーサビリティとスマート化の両立を推進します。スマートなものづくりで共に一歩先を行く現場変革の扉を開きましょう。

Smart Craftで製造現場のDXを
始めよう!

「Smart Craft」は、これひとつで工場内のすべての業務プロセスをデジタル化できます。

3分でわかるSmartCraft
  • Smart Craft でできること
  • 導入企業の活用事例
  • ご利用料金
  • 導入の流れ

カテゴリ

ナレッジ