ブログ

公開日: 2024.2.11

最終更新日: 2024.2.12

ナレッジ

トレーサビリティの使い方や意味とは?多数事例とともに簡単解説

トレーサビリティという言葉の使い方が気になる方は多いでしょう。この言葉は、製品やサービスの履歴を追跡し、透明性を高めるという重要な役割を担っています。しかし、具体的にどのように使われるのか、またその利点は何なのか、まだ不明瞭な部分があるかもしれません。

この記事では、トレーサビリティの基本的な使い方とその重要性を、実際の事例を交えながらわかりやすく解説します。これを読めば、トレーサビリティがビジネスや日常生活にどのように役立つのかが明確になり、その用語の適切な使い方が理解できるでしょう。それでは、トレーサビリティについて深掘りしていきましょう。

トレーサビリティとは?簡単に解説すると

トレーサビリティとは、製品やサービスがどのようなプロセスを経て消費者の手に届くのかを追跡し、記録するシステムのことを指します。具体的には、原材料の調達から製造、流通、販売に至るまでの各段階で情報を収集し、透明性を保ちます。これにより、品質管理や安全性の向上、不正防止などに寄与することができます。

トレーサビリティという言葉の使い方・例文

トレーサビリティという言葉は、製品やサービスの「履歴追跡」や「情報の透明性確保」という使い方がされます。語源は、英語の“Traceability”から来ています。

実際にどのような形・文脈で使われているのか、以下例文で確認してみましょう。

  • この製品はトレーサビリティが確保されており、どの工場で生産されたか追跡できます。
  • トレーサビリティのおかげで、原材料の品質管理が向上しました。
  • 製品のトレーサビリティ情報をチェックして、安心してお買い求めください。
  • 全ての成分について、トレーサビリティを徹底しています。
  • 消費者に安全な製品を提供するために、トレーサビリティ情報を公開しています。
  • この農産物のトレーサビリティは、種まきから収穫、出荷に至るまで完全に追跡できます。
  • 弊社製品のトレーサビリティにより、原材料の出所が明確になります。
  • トレーサビリティシステムを導入して、製造プロセスの透明性を高めました。
  • トレーサビリティは、サプライチェーンの各段階で重要な役割を果たします。
  • 今回のリコールにおいて、トレーサビリティが迅速な対応を可能にしました。
  • トレーサビリティデータに基づいて、製品改善のための分析を行っています。

「トレーサビリティを取る」とはどういう意味か?

「トレーサビリティを取る」という表現は、製品やサービスの生産過程や流通過程における各段階の情報を集めて記録し、追跡可能にすることを意味します。これは、透明性の高い情報提供を通じて消費者の信頼を獲得したり、品質管理プロセスを強化したりする目的で行われます。

「トレーサビリティ」の言い換え・別の言い方は?

「トレーサビリティ」の言い換えとしては、「追跡可能性」「追跡能力」「生産・流通プロセスの透明化」などが考えられます。これらの表現は、製品やサービスの全プロセスにわたる情報の追跡や公開を指す場合に使用されます。

トレーサビリティ確保の目的とメリット

製造業において、トレーサビリティを確保する主な目的やメリットには以下が挙げられます。

・品質管理の向上
トレーサビリティシステムを導入することで、製品の生産履歴や品質に関する詳細な情報を把握でき、品質管理プロセスを強化します。

・潜在的な問題の早期発見
製造過程での問題点を早期に発見し、迅速な対応を可能にすることで、全体の効率化とコスト削減につながります。

・顧客信頼の強化
製品の追跡可能性を高めることにより、消費者への透明性を提供し、その結果、顧客の信頼を得られます。

・法規制への対応とリスクマネジメント
法的要件の遵守とリスクマネジメントを効果的に行うために、トレーサビリティは重要な役割を果たします。

製造業・食品・医薬品業界でのトレーサビリティの取り入れ方

トレーサビリティは、様々な業界で応用されています。製造業では、部品の品質保証や製造過程の透明性を高めるために利用されます。医薬品業界では、患者の安全を確保するために、医薬品の製造から流通までを厳密に追跡します。また、食品業界では、消費者が製品の安全性を確認できるようにするために、原材料の産地や加工履歴を明確にします。

関連記事:
製造業におけるトレーサビリティとは?重要視される理由や技術、事例を解説

トレーサビリティのデジタル化と技術進化

トレーサビリティのデジタル化は、その運用をさらに効率的かつ効果的なものとしています。最近では、ブロックチェーンやIoT(モノのインターネット)、クラウド技術などの最新テクノロジーがトレーサビリティシステムと統合されつつあります。これらは、データの透明性とセキュリティを高める一方、リアルタイムでの情報共有を可能にしています。例えばブロックチェーンの活用により、データ改ざんが困難となるため、高い信頼性を備えたトレーサビリティを実現できるのです。

製造現場DXプラットフォーム「Smart Craft」ならトレーサビリティ導入を低コストで実現することができます。Smart Craftは、クラウドベースのサービスにつき、自社でサーバーを用意する必要がないので、従来の10分の1程度にコストを抑えた導入が実現できます。

また、Smart Craftは使いやすいインターフェースを備え、専門知識がなくても容易に操作できます。これにより、詳細なデータ収集や管理に必要な専門的スキルの不足という課題も解決。生産性の向上だけでなく、日々の運用負担も軽減し、現場スタッフの作業効率を高めます。ISO27001 (ISMS)の認証も取得しています。

Smart Craftで製造現場のDXを
始めよう!

「Smart Craft」は、これひとつで工場内のすべての業務プロセスをデジタル化できます。

3分でわかるSmartCraft
  • Smart Craft でできること
  • 導入企業の活用事例
  • ご利用料金
  • 導入の流れ

トレーサビリティの未来と展望:製品プロセスの効率化

トレーサビリティへの需要は今後さらに高まると予想されます。特にサステナビリティ(持続可能性)や倫理面での関心の高まりが、その重要性を後押ししています。消費者は製品の生産背景や環境・社会への影響について知りたがっており、企業には自社製品の持続可能性や倫理性を証明することが求められています。

加えて、スマート農業やスマートファクトリーなど既存の伝統産業にAIやIoTなどの最新技術が応用された領域へのトレーサビリティ技術の適用も進展しています。こうしたイノベーションによって、製品の生産から消費に至る全プロセスを、より効率的かつ透明なものへと変革させることができるでしょう。

トレーサビリティの効果的な活用法

トレーサビリティを効果的に活用するためには、以下のポイントが重要です。

明確な目的設定

トレーサビリティシステムを導入する前に、その目的を明確に定義することが重要です。具体的には、どのようなデータを収集し、トレーサビリティ情報をどのように活用していくかを事前に決めておく必要があります。これにより、目的に応じた適切なデータ収集が可能となり、コスト対効果の高いシステム設計を行うことができます。併せて、導入後の効果測定の基準もあらかじめ設定しておくことをおすすめします。

ステークホルダーとの連携

サプライチェーンに関わる様々なステークホルダー間で、トレーサビリティデータの収集・共有・活用について合意形成を図ることが大切です。部材供給者から製造事業者、物流事業者を経て次の製造事業者(サプライヤー)や最終消費者に至るまでの全ての関係者が、必要な情報を適切に把握できる体制を構築する必要があります。オープンなコミュニケーションと協力関係の構築が、効果的なトレーサビリティシステムの実現には不可欠です。

継続的改善

システム導入後も、定期的にその効果や機能を評価し、必要に応じて改善を繰り返すことが大切です。関連する技術革新や市場ニーズの変化に対応しながら、継続的にブラッシュアップを重ねることで、最大限のパフォーマンスを維持できます。効果測定結果を基に短期/中期/長期的なアクションプランを策定し、持続可能な形でシステムを進化させていくことを推奨します。

成功させるための具体的なステップについての情報についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:
製造業DXを成功させる6つのステップ

トレーサビリティの取り組みを、まずは低コスト・短期間から始めてみましょう

トレーサビリティは、製品やサービスの品質と安全性を担保し、サプライチェーンのステークホルダーや最終消費者の信頼を獲得する強力なツールです。データの収集・管理・分析・改善まで、その用途は多岐にわたります。デジタル化の進展に伴い、より多くの業界でのトレーサビリティ活用が期待されています。

効果最大化のためには、明確な目的設定、ステークホルダーとの連携、継続的改善が欠かせません。トレーサビリティの可能性を理解しビジネスに取り入れることで、企業の競争力強化につながるでしょう。

・計画の変更が多く現場対応が遅れてしまう
・帳票からの転記業務に時間がかかる
・工程ごとの生産性のばらつきが大きい
・現場の進捗状況が分からない
・導入コストが合わずデジタル化がなかなか進まない

現在、上記のようなお困りごとがありましたら、ぜひとも私たちへご相談ください。計画立案、実績収集、進捗確認、集計・分析までの一連の業務 をデジタル化し、現場の生産性を劇的に改善する製造現場DXプラットフォーム「Smart Craft」を活用した製造現場DX支援プランをご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

トレーサビリティの取り組みを、まずは低コスト・短期間から始めてみましょう。

Smart Craftで製造現場のDXを
始めよう!

「Smart Craft」は、これひとつで工場内のすべての業務プロセスをデジタル化できます。

3分でわかるSmartCraft
  • Smart Craft でできること
  • 導入企業の活用事例
  • ご利用料金
  • 導入の流れ

カテゴリ

ナレッジ