ブログ

公開日: 2024.3.21

最終更新日: 2024.3.21

ナレッジ

製造業必見!工程管理システムの選び方とおすすめ製品の比較

製造業界では、多品種少量生産や納期短縮への対応が求められる中、効率的な工程管理が重要な課題となっています。しかし、紙帳票やホワイトボードを使った従来のアナログな工程管理では、情報の共有や更新に時間がかかり、製造現場の負担が大きくなってしまいます。

こうした課題を解決するために、工程管理システムの導入が注目されています。工程管理システムを活用することで、リアルタイムな情報共有や進捗状況の見える化が可能となり、管理業務の効率化や生産性の向上が期待できます。実際に、工程管理システムを導入した企業の中には、生産性が50%以上向上したという事例もあります。

この記事では、製造業向けの工程管理システムについて、その定義や基本機能、導入によるメリットを解説します。また、自社に最適なシステムを選ぶためのポイントや、導入の流れ、活用のコツについても詳しく紹介します。

また、弊社では計画立案、実績収集、進捗確認、集計・分析までの一連の業務をデジタル化する工程管理システム「Smart Craft」を開発・提供しています。製造現場における工程管理に課題がある方はお気軽にご相談ください。​⇒サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

工程管理システムとは?

工程管理システムとは、製造工程における作業の進捗状況や資材の使用状況などを管理するためのシステムです。工程管理システムは、材料の発注から製品の出荷に至るまでの一連の工程をデータとして可視化し、リードタイムの短縮や生産性の向上を実現します。

工程管理システムの基本機能には、以下のようなものがあります。

  • 製造指示の管理:製造指示の発行や進捗状況の確認ができます。
  • 工程の進捗管理:各工程の作業状況をリアルタイムに把握できます。
  • 実績の収集と分析:作業実績や不良品情報を入力・収集し、分析に活用できます。

これらの機能を活用することで、製造現場の見える化とデータの一元管理が可能となり、業務効率の向上や意思決定の迅速化につながります。

計画立案、実績収集、進捗確認、集計・分析までの一連の業務をデジタル化する工程管理システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

製造業向け工程管理システム導入のメリット

製造業において工程管理システムを導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

管理負担の軽減と業務効率化

工程管理システムによって、製造指示の発行や進捗状況の確認、実績の収集などの管理業務を自動化できます。紙帳票やホワイトボードでの手作業が削減され、管理者の負担が大幅に軽減されます。帳票からの転記や集計業務なども不要になることにより、業務効率の向上と転記ミスなどの人的ミスの防止が図れます。

リアルタイムな進捗管理と生産性向上

工程管理システムを導入することで、製造現場の進捗状況をリアルタイムに把握できます。部材の到着遅れや設備トラブルなどの問題をいち早く発見し、迅速に対応することが可能になります。これにより、無駄な待ち時間を削減し、生産性の向上につなげることができます。

データ活用による品質管理とコストダウン

工程管理システムで収集された製造実績データを分析することで、品質管理や原価管理に活用できます。不良品の発生原因を特定し、対策を講じることで品質の向上が図れます。また、原材料の使用量や在庫状況を最適化することで、コストダウンにつなげることも可能です。

関連記事:
工程管理とは?製造業における重要性やメリット、効率化方法を紹介

【事例】工程管理システム導入で生産工程10%相当の工数削減!

株式会社メディカロイドは、国産の手術支援ロボット「hinotori™ サージカルロボットシステム」を開発・製造する会社です。従来は紙やExcelでの手作業による製造記録を行っていましたが、作業工数の増大や原因調査に手間がかかっていたなどの課題がありました。そこで、工程管理システムを導入したところ、効率化により年間生産工程10%相当の工数削減、納期管理が安定するなど、大幅な生産性の向上を実現しました。

事例の詳細をみる:
生産工程10%相当の工数削減。製造管理基盤の構築で医療機器業界の早期スマート工場化を促進

このようなメリットを実感するためには、自社に最適な工程管理システムを選択し、製造現場の声を反映しながら活用していくことが重要です。次章以降では、システム選定のポイントや導入の流れ、活用のコツについて詳しく解説します。

工程管理システムの選び方【完全ガイド】

工程管理システムは、製造業の業種や業態、製造プロセスによって、必要な機能や特性が異なります。自社に最適なシステムを選ぶためには、以下のようなポイントを押さえておくことが重要です。

自社の製造プロセスに適したタイプの選択

まずは、自社の製造プロセスの特性を十分に理解することが重要です。多品種少量生産を行う企業では、製品や工程の切り替えが頻繁に発生するため、柔軟性の高いシステムが求められます。一方、大量生産を行う企業では、安定した生産実績の管理や品質管理に重点を置いたシステムが適しています。自社の製造プロセスに適したタイプのシステムを選ぶことが、導入効果を最大化するカギとなります。

クラウド型vsオンプレミス型、どちらが最適?

工程管理システムは、導入形態によってクラウド型とオンプレミス型に分けられます。クラウド型は、インターネット経由でシステムを利用するため、初期投資が少なく、どこからでもアクセス可能という利点があります。一方、オンプレミス型は、自社のサーバーにシステムを導入するため、カスタマイズ性が高いですが、大きなコストがかかります。自社のIT環境や予算、セキュリティ方針に合わせて、最適な導入形態を選択しましょう。

機能の充実度と拡張性

工程管理システムに求める機能は、企業によって異なります。生産計画の立案から進捗管理、在庫管理、品質管理まで、一貫して管理できるシステムを選ぶのがベストですが、コストとのバランスも考える必要があります。将来的な製造ラインの拡張や工程の変更にも対応できる拡張性も重要なポイントです。自社の製造プロセスに必要不可欠な機能を見極め、拡張性も考慮してシステムを選定しましょう。

工程管理システム導入の流れと注意点

工程管理システムを導入する際には、以下のような流れと注意点を押さえておくことが重要です。

導入前の準備:現状分析と目的の明確化

システム導入前に、現状の製造プロセスを詳細に分析し、課題や改善点を洗い出しておきましょう。その上で、システム導入の目的を明確化します。生産性向上なのか、品質管理の強化なのか、目的に応じて必要な機能や性能が異なります。導入の目的を関係者で共有し、評価基準を設定しておくことが重要です。

ベンダー選定と見積もり依頼のコツ

工程管理システムのベンダーを選定する際は、実績や専門性、サポート体制などを総合的に評価しましょう。業種や業態に特化したシステムを提供しているベンダーがいれば、優先的に検討するのがおすすめです。また、複数のベンダーに見積もりを依頼する際は、できるだけ具体的な要件を提示し、見積もり内容を比較検討することが重要です。

スムーズな運用開始のための従業員教育とサポート体制

システム導入後は、従業員への教育とサポート体制の整備が欠かせません。操作方法やデータの入力ルールなどを、マニュアルや朝礼・終礼の機会などを活用して周知徹底しましょう。また、トラブル発生時の対応窓口を明確にし、迅速なサポートを提供できる体制を整えておくことも重要です。

工程管理システム活用のコツ

せっかく導入した工程管理システムを最大限に活用するためには、以下のようなコツを押さえておくことが重要です。

現場の声を反映したシステム運用の重要性

工程管理システムは、現場の従業員が主体的に活用してこそ、その真価を発揮します。システムの設計段階から運用後まで、現場の声を反映し、使いやすさを追求していくことが重要です。定期的に現場の意見を吸い上げ、システムの改善につなげていきましょう。

データ分析と改善サイクルの回し方

工程管理システムで収集されたデータは、製造プロセスの改善に役立てることができます。生産実績や不良品情報などを定期的に分析し、ボトルネックの特定や原因究明に活用しましょう。改善案を立案し、実行に移すことで、PDCAサイクルを回していくことが重要です。

他システムとの連携による効果の最大化

工程管理システムを、ERPやMESなどの他のシステムと連携させることで、より大きな効果を得ることができます。例えば、受注情報や在庫情報をリアルタイムに共有することで、生産計画の最適化や納期の短縮につなげることができます。自社のIT環境に合わせて、システム間の連携を検討してみましょう。

関連記事:
製造業DXとは? 成功させるための6つのステップを徹底解説

おすすめの工程管理システム「Smart Craft」の特長

ここからは、製造業向けの工程管理システムとして注目を集めている「Smart Craft」の特長を詳しく紹介します。

ペーパレス化による業務効率の改善

Smart Craftは、製造現場の帳票をデジタル化し、ペーパレス化を実現します。指示書、手順書、作業日報、品質記録などをデジタルデータとして管理することで、帳票からの転記や集計業務が不要となり、業務効率が大幅に改善されます。これにより、現場の管理者は本来の業務に集中でき、生産性の向上につなげることができます。

リアルタイムな進捗管理と改善活動の促進

Smart Craftでは、計画立案から実績収集までを一元管理し、製造現場の進捗状況をリアルタイムで可視化します。ガントチャートを用いた柔軟な計画作成・変更機能や、タブレットやスマートフォンを使った簡単な実績登録機能により、現場の状況を正確に把握できます。これにより、問題点の早期発見と改善活動(カイゼン)の促進が可能となり、生産性の向上につなげることができます。

スモールスタートを実現するクラウドサービス

Smart Craftは、クラウドサービスであるため、オンプレミスのシステムと比べて初期費用を抑えて部分的な導入が可能です。小規模な製造ラインや特定の工程からスモールスタートし、成功を確認した後に他部門へ展開することができます。また、クラウド型のサービスであるため、要件定義や開発の手間も省け、スピーディーな導入が実現可能です。

豊富な機能で製造現場の課題解決を支援

Smart Craftには、製造現場の課題解決に役立つ豊富な機能が搭載されています。バーコードを活用した作業指示や、カメラを使った不良品の記録、ロットトレース機能による製品不備の原因特定など、現場の業務を効率化し、品質管理を強化するための機能が充実しています。また、図面や作業標準書などのドキュメント管理機能や、ノーコードで作成できる品質検査機能なども備えており、製造現場の様々なニーズに対応可能です。

外部システムとの連携でデータ活用を促進

Smart Craftは、APIを通じて生産管理システムなどの外部システムと自動連携することができます。計画の取り込みや実績のエクスポートを定期的に行うことで、データの一元管理と活用が可能となります。収集されたデータを分析し、現場の課題を可視化することで、改善活動の促進と意思決定の迅速化につなげることができます。

一歩先行く工程管理システムで製造現場をスマートに変革

この記事では、製造業向けの工程管理システムについて、その定義や基本機能、導入によるメリットを解説してきました。また、自社に最適なシステムを選ぶためのポイントや、導入の流れ、活用のコツについても詳しく紹介しました。

工程管理システムの導入は、製造業のDX化を進める上で欠かせない取り組みです。アナログな工程管理からの脱却を図り、リアルタイムな情報共有と見える化を実現することで、生産性の向上と品質管理の強化につなげることができます。

特に、多品種少量生産に特化した工程管理システム「Smart Craft」は、柔軟性と操作性に優れ、導入効果が実証されています。無料デモ体験の機会もご用意していますので、ぜひこの機会に体験してみてください。

Smart Craftで製造現場のDXを
始めよう!

「Smart Craft」は、これひとつで工場内のすべての業務プロセスをデジタル化できます。

3分でわかるSmartCraft
  • Smart Craft でできること
  • 導入企業の活用事例
  • ご利用料金
  • 導入の流れ

カテゴリ

ナレッジ