ブログ

公開日: 2024.3.7

最終更新日: 2024.3.11

ナレッジ

工程管理とは?製造業における重要性やメリット、効率化方法を紹介

製造業において高い生産性を達成するためには、効率的な工程管理が不可欠です。しかし、正確な工程管理の実践は簡単なことではありません。多くの製造現場が直面するのは、どのようにして生産計画を最適化し、トラブルを未然に防ぎ、さらには生産効率を高めるかという課題です。

この記事では、工程管理の基本から、その重要性、実際に製造現場での工程管理を効率化するための具体的な手順や方法、そして最適なシステム選びのポイントまで、製造業が直面する課題を解決するためのノウハウをお伝えします。

また、弊社では計画立案、実績収集、進捗確認、集計・分析までの一連の業務をデジタル化する工程管理システム「Smart Craft」を開発・提供しています。製造現場における工程管理に課題がある方はお気軽にご相談ください。​⇒サービス紹介資料の無料ダウンロードはこちら

工程管理の基本とその重要性

工程管理は製造業における生産効率と品質を高めるために不可欠です。しかし、その具体的な目的や重要性、生産管理との違いについて理解している人は意外と少ないかもしれません。この章では、工程管理が持つ基本的な役割とその業界における重要性について掘り下げます。

工程管理の目的とは?

工程管理の主な目的は、製造過程における各工程の効率を最大化し、製品の品質を保つことにあります。これにより、無駄を削減し、コストを下げることができます。具体的には、材料の発注から製品の出荷に至るまでの各段階を計画、実行、監視し、必要に応じて調整することが含まれます。

なぜ工程管理が製造業で重要なのか

製造業では、さまざまな要因によって生産効率や品質が左右されます。例えば、材料の遅延、機械の故障、人的エラーなどがあります。工程管理によってこれらの要因を事前に予測し、計画的に対処することで、予期せぬトラブルを未然に防ぎ、安定した生産活動を維持することが可能になります。そのために必要となるのが工程管理であり、生産管理を計画通りに進めるうえで重要な手法です。

関連記事:
工程管理とは?意味や必要性、効率化に最適な方法を解説

工程管理と生産管理の違いと関係性

しばしば混同されがちな工程管理と生産管理ですが、この二つは密接に関連しつつも、カバーしている範囲が異なります。生産管理は製品が計画通りに生産されるよう全体を俯瞰して管理することに焦点を当てています。一方、工程管理は生産過程の個々の工程に焦点を当て、それぞれの効率性や品質を管理・改善することに注力します。つまり、工程管理は生産管理の中の一部として機能しています。

工程管理の「見える化」が必要な理由

工程管理を成功させるためには、製造管理の各ステップを「見える化」することが非常に重要です。見える化により、プロジェクトの状態をリアルタイムで共有し、迅速な意思決定を可能にします。ここでは、見える化がもたらす3つの主な利点を探ります。

スケジュール管理と納期遵守

製造業では、納期遵守が非常に重要です。工程の「見える化」は、全体のスケジュール管理を容易にし、各工程が計画通りに進行しているかを一目で確認できるようにします。これにより、遅延が発生した場合の迅速な対応や、リソースの再配分が可能になります。

品質の安定化

工程管理における「効果的な情報共有」は、製造業における生産性向上だけでなく、品質の安定化にも不可欠な要素です。製造現場では、品質の高い製品を一貫して生産することが求められますが、これは歩留まり率や直行率の改善なしには達成できません。歩留まり率が低い、または直行率が低いと、結果的にコスト増加を招き、事業の持続可能な成長を妨げます。特に、生産量が増えるにつれて品質のバラつきが生じやすく、不良品率が上がり、直行率が低下する傾向にあります。

この問題に対処するためには、まず現場での製造工程を正確に把握し、直行率の低下要因を徹底的に調査・分析することが必要です。そして、その分析結果に基づいて、より効果的な生産計画を策定することが求められます。このプロセスで重要となるのが、「効果的な情報共有」です。全員が同じ情報を共有し、理解していることで、問題点を迅速に特定し、解決策を共有・実施することが可能になります。これにより、廃棄率や手直し率の低減が実現し、最終的には品質の安定化に大きく寄与します。

トラブルへの迅速な対応

製造プロセスでは予期せぬトラブルが発生することがあります。工程の見える化によって、問題が発生した際にはその情報が迅速に共有され、関係者が素早く対応できる体制が整います。このようにして、ダウンタイムを減らし、生産性の低下を防ぐことができます。

工程管理の「見える化」は、情報共有、スケジュール管理、トラブル対応という三つの重要な側面で製造業の生産効率と品質向上に寄与します。次に、この「見える化」を含む工程管理を効率化する手順について見ていきましょう。

工程管理を効率化する手順

工程管理を効率化するには、計画的かつ段階的なアプローチが必要です。ここでは、効率的な工程管理を実現するための基本的な手順を紹介します。

ステップ1:生産計画を立てる

製造業では、精度の高い需要予測に基づいた生産計画の策定がますます重要となっています。これには、資材調達の無駄を省き、製造機器や人材の稼働を最適化することが含まれます。具体的には、生産する製品の種類や数量、必要なロットサイズ、人員配置、製造条件、標準作業時間などを定め、生産量と生産時期を綿密に計画します。「いつまでに」「どれくらいの製品を」生産するのかを明確にすることが目的です。

生産計画では、業務量と作業負荷が均衡するように、現状の生産能力と負荷工数のバランスを考慮しながら計画を立てることが不可欠です。さらに、納期の変更や設備の故障など、予期せぬイレギュラー事項を前提にした上で、最適なスケジューリングを行い、その結果を工程管理表に反映します。

ステップ2:計画に沿った実行と進捗管理

計画を立てたら、その計画に従って生産活動を開始します。この過程で、計画の実行状況を定期的に確認し、進捗を監視します。計画通りに進んでいない場合は、問題点を特定し、必要な調整を行う必要があります。

ステップ3:結果の評価とフィードバック

生産が終了したら、実際の成果と計画を比較し、どのような点が計画通りだったか、どのような問題が発生したかを評価します。この評価を基に、問題の原因を分析し、将来的な改善策を検討します。

ステップ4:継続的な改善とプロセスの最適化

工程管理は一度きりの活動ではなく、継続的な改善が求められるプロセスです。ステップ3で得られたフィードバックをもとに、生産プロセスの改善や効率化を図ります。これには、新しい技術の導入や作業方法の見直しなどが含まれます。

効率的な工程管理を実現するためには、これらの手順を循環させながら、継続的にプロセスを見直し、改善していくことが重要です。次に、工程管理の具体的な方法について見ていきましょう。

工程管理の実践方法

工程管理を実施する方法は多岐にわたりますが、ここでは主に利用される3つの方法に焦点を当ててご紹介します。

方法①:紙やホワイトボードを使用する

最も伝統的な方法の一つが、紙やホワイトボードを使用した管理です。この方法は、小規模な製造現場や簡単な工程で効果的です。ホワイトボードには日々の生産スケジュールやタスクを記入し、全員が見える場所に掲示します。この方法の利点は、その簡便さと低コストにありますが、情報の更新が手動であり、大規模な製造現場には適していないという欠点もあります。

方法②:エクセルを使用する

エクセルを用いた管理も、製造業における工程管理の主流の一つです。テンプレートを作成することで効率化が図れる、チャートを作ることで見える化されるといった利点はありますが、プロジェクトの進捗に応じて都度更新が必要となります。この更新作業は手間がかかるだけでなく、最新版の管理にも注意が必要です。更新された工程表がどれであるかの識別が困難になりがちで、更新するたびにチーム全体に共有する必要があります。これにより、情報の齟齬や混乱を招くリスクが生じます。

方法③:工程管理のシステム化

上記のような課題を克服するために有効なのが、工程管理のシステム化です。工程管理システムの導入により、生産計画の変更や進捗管理をリアルタイムに行い、リソースの配置や納期管理の最適化を図ることができます。これにより、工程管理の精度が向上し、製造プロセスの効率化に大きく寄与します。クラウドベースのツールや工程管理システムの活用は、従来の経験や勘に依存する計画から脱却し、データに基づいた客観的な意思決定を支援することで、製造業における生産性の向上を実現します。

工程管理システムの中には「Smart Craft」のように、スマートフォンやタブレットからも実績入力が可能なものもあります。

https://smartcraft.jp

このような実績入力の手間が省けるクラウドシステムの利用により、管理者と作業者間の連絡業務が効率化され、生産性が向上します。特に、多くのリソース(人員、機械、時間)を効率的に管理する必要がある製造業においては、この効率化には大きな価値があります。

実際にクラウドシステムの利用により生産性改善を実現した事例はこちら:
生産工程10%相当の工数削減。製造管理基盤の構築で医療機器業界の早期スマート工場化を促進

工程管理システムを導入するメリット

工程管理システムを導入することで得られる主なメリットには以下のようなものがあります。

メリット①:計画の変更やイレギュラーに対応しやすい

工程管理システムを使用することで、生産計画の変更や予期せぬトラブルに対する対応が迅速かつ柔軟に行えるようになります。リアルタイムでの情報更新機能により、状況の変化に応じた必要な調整を即座に行うことが可能になります。これにより、計画の効率性が高まり、プロジェクトの遅延を最小限に抑えることができます。

メリット②:人的ミスの回避につながる

紙ベースの作業指示書や日報作成は、人的ミスが起きやすい環境です。工程管理システムを利用することで、手作業によるエラーを大幅に減少させることができます。

また、紙の書類を探す手間が省かれ、生産プロセス全体の品質と安定性が向上します。正確なデータ管理により、品質管理の精度も高まり、製品の信頼性を向上させることが可能です。

メリット③:業務効率化につながる

工程管理システムを活用することで、生産スケジューリング、在庫管理、品質監視といった複数のタスクを一元的に管理することができます。これにより、業務プロセスの透明性が高まり、作業の重複や無駄を削減できます。結果として、生産性が向上し、企業の競争力が強化されます。

工程管理システムを選ぶ際のポイント

工程管理システムの選定にあたっては、製造現場のニーズに応える機能性や導入後のメリットを考慮することが必要です。ここでは、選択時に考慮すべき重要なポイントを以下のように整理しました。

ペーパレス化による効率化は可能か

指示書、手順書、作業日報、品質記録など、現場の帳票をデジタル化し、ペーパレス化できるシステムを選ぶことで、転記ミスの削減や集計業務の手間を大幅に減らすことができます。これにより、現場の生産性と作業効率が向上するため、システム選定の際の重要な考慮点となります。

生産性向上のためのカイゼンを促進できるか

計画立案から実績収集までを一元管理し、現場の問題点を明らかにする機能が備わっているかを確認してください。実績データに基づいて改善活動を促進できるシステムを選ぶことで、製造プロセスの最適化と品質向上を実現することが可能です。

スモールスタートと迅速な導入が可能か

初期費用を抑えつつ部分的に導入でき、要件定義が簡単で、迅速に導入できるシステムを選ぶことが望ましいです。これにより、リスクを最小限に抑えながら、工程管理のデジタル化をスムーズに進めることができます。

実績登録と進捗確認の簡略化は実現できるか

タブレットやスマートフォンを活用して容易に実績を登録できるシステムや、現場の進捗状況をリアルタイムで可視化できる機能があるかを検討してください。これにより、作業指示の迅速な提供や進捗の正確な把握が可能となり、業務の効率化と生産性の向上に寄与します。

計画立案、実績収集、進捗確認、集計・分析までの一連の業務をデジタル化する工程管理システム「Smart Craft」は、これらのポイントをクリアしています。製造現場における工程管理に課題がある方はお気軽にご相談ください。​⇒「Smart Craft」についてもっと詳しく見る

一歩先行く工程管理ツールで製造現場をスマートに変革

この記事では、製造業における工程管理の重要性とその基本的な概念、実践方法、そしてシステム導入のメリットと選択基準について解説しました。工程管理は、生産効率の向上、コスト削減、品質保持に不可欠であり、適切な方法とツールを選択することが成功の鍵です。

・計画の変更が多く現場対応が遅れてしまう
・帳票からの転記業務に時間がかかる
・工程ごとの生産性のばらつきが大きい
・導入コストが合わずデジタル化がなかなか進まない
・現場の進捗状況が分からない

現在、上記のようなお困りごとがありましたら、ぜひ以下から「Smart Craft」の詳細をご覧ください。

Smart Craftで製造現場のDXを
始めよう!

「Smart Craft」は、これひとつで工場内のすべての業務プロセスをデジタル化できます。

3分でわかるSmartCraft
  • Smart Craft でできること
  • 導入企業の活用事例
  • ご利用料金
  • 導入の流れ

カテゴリ

ナレッジ